メニュー

モノで作る、物語

最新の投稿

進め!駆け出し創作活動者! Case,1

作者: カテゴリ: オススメ, 現代 2015年 4月 18日

『君のことが好きだ!』 『先輩……!』 「なんか違うな……」 私、片山あきこは小さい頃からマンガ家になりたかった。 両親はどちらもマンガが大好きな人で、マンガに限らず本は何冊でも買ってもらっていた。 そんな環境の中で少女マンガに出会い、ハマり、私自身がマンガ家になりたいと強く思うようになっていった。 そして今、持ち込み用の読み切りを描いているのだけど……クライマックスのシーンがイマイチ盛り上がりに欠けるのだ。...

続きを読む

断絶の国境

作者: カテゴリ: オススメ, 歴史 2015年 3月 27日

 目を覚ますと大声がした。異国の言葉なのは判るが、なぜか俺はその言葉を理解してすぐさまその言葉に反応した。 「貴様! 日本男児たる者が、しかも将校でありながら、寝坊するとは何事だ! 連帯責任だ! 部屋の者達と一緒に外に出ていろ!」...

続きを読む

スコッティーキャメロンを招いた、私のゴルフ人生の変化を展望しようではないか

作者: カテゴリ: エッセイ 2015年 2月 13日

...

続きを読む

佐野ひなこと僕の今昔物語 vol.3

作者: カテゴリ: コメディ 2015年 2月 12日

膨らんだシャツの中には彼女の写真集、そして目の前には本物。...

続きを読む

歩道橋の風

作者: カテゴリ: 恋愛 2015年 1月 9日

匂いは時間を封じ込める、と言ったのは誰だったか。 先生に教わったのか、友人から聞いたのか、はたまたどこかの小説の一文であったか。...

続きを読む

佐野ひなこと僕の今昔物語 vol.2

作者: カテゴリ: コメディ 2014年 11月 23日

なぜ隣町にしたかって、理由なんて一つに決まっている。 誰かに見られるわけにはいかないからでしょうが。...

続きを読む

ロンちゃん

作者: カテゴリ: オススメ, 恋愛 2014年 11月 5日

 ぶるっ!  電車から降りて、私は寒さに震えた。  二月の東京。夜の八時。冷たい風が容赦なく吹き付けて来る。風にさらした頬が痛い。...

続きを読む